草を枕にして寝るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が旅支度、そして秋が来る気配。

IMG_1022.jpg

早いものでもう9月に入り、暦の上では秋になりました。
慌ただしい季節も過ぎ、私の中の前半戦も終わった所で一度ブログを更新せねばな〜とPCを開きました。



最初に貼った画像の月は ブルームーン です。
月に二回満月が来ることをそう呼ぶそうで、(ありがちな話ですが)二回とも見ると幸運が訪れるとかなんとか。。。。

この画像の月は二回目に撮ったものです。
どうせなのでフォトショップで青味がかったフィルターを入れてみました。

月の表面は何度観ても幻想的で奇麗ですね。。




夏の間色々あったのですが、展示会とコミケは特に大きい出来事でした。



展示会は大学の友達に誘われて自分の絵を展示させてもらいました。

といっても自分の中では悔いの残る出来映えで、大きな反省をしなければ、、、という感じでした><
とにかくやりきる力がないのだなぁ・・と(汗
大反省です。。。。


コミケはここ数年参加していなかったのですが、今年はなんだか行く気がふつふつと出てきまして、朝7時くらいの電車に揺られて参戦して参りました〜

今年は湿度が高く、汗臭さなどが気になって本当に辛かったです(笑) これだから夏のコミケは・・!!


等々大変なこともありましたが、こんなにも大勢の人が創作活動をしている、ということがものすごい刺激になりました(まあ同人誌ですが。。。)



そして展示会の仲間に「コミケで本だしてみな〜い??」とこれまた軽〜く誘ってしまいまして、来年の夏のコミケあたりに本を出そうか、という話になりました。

といってもお互い漫画を描いた経験はありませんし一体どうなることやら。。。
早くも友達を泥船に乗せてしまった気分です。


しかし自分が言い出したことですし、なにより興味のある分野でもあるのでやりきらねば!!
ガッツを出していきたいと思います!!

DSCN5376.jpg

最後に貼った写真は数年前に撮ったものです
死んでしまった蝉にアリがたかっている、というなんとも無情なものなんですがこれ実は朝焼けでして、これから来る秋を感じることが出来るのではないかな〜と思うのです。


それでは長文でしたが終わりです〜


スポンサーサイト

川内倫子さん




写真家の川内倫子さんの展示会、川内倫子展 照度 あめつち 影を見るえを写真美術館に見に行きました。



個人の写真の展覧会を見るのは初めてだったので(報道のやつならあるのですが。。。)どんなもんかいと思って行きましたが、結構良かったです。
とても雰囲気のある写真を撮る方で、こちらを川内さんの世界にドンドン引き込んでくれて全く飽きませんでした。

照明や写真の順番なども凝っていて、一瞬見ただけだと写真のほうが光っているのかと錯覚しましたよい。

映画の誰も知らない、などに関わっていたとの話ですがなるほどそういう雰囲気の写真を撮る方で、日常の一瞬の風景をドラマチックに切り取る、という印象でした〜
日常の再発見というテーマの作品は数あれど、彼女の写真は特に新鮮な驚きに満ちていて、輪子さんの日常を切り取る静かな目線をひしひしと受けました。


もう終わってしまったかもしれないけれど、写真美術館に久しぶりに行けてよかったびゃ〜


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。