草を枕にして寝るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京在中の京都作家さん

三日坊主にしないって大切ですね、きっと


昨日夜明けぜよなんて書いたんですが、
あれは森見登美彦氏の「美女と竹林」にあったフレーズだったのでした、

登美彦氏にも西尾維新とか乙一みたいな匂いを感じました。




それにしても最近注目されてますね、いえここ数年ずっとでしょうか。


私は「きつねのはなし」とか有頂天家族とかが好きです

独特の世界観とか(マジックリアリズムってやつですか)
少し古風っぽい言い回しとかが魅力ですよね。
好きですああいうの。




でも有頂天家族で次回予告とかしてたのに全然でないですね、どうなってんだ。
すごい楽しみにしてるのに。

それよりも早く四畳半の続編とか出しましたね

まあしょうがないですね、次回予告をするからといって次回があるとは限らないですよね、
三谷幸喜みたいだ。。



さておき彼は万城目先生をライバル視しているとか。。。ほんとかな



自分は万城目先生の著書を読んだことがないのでなんともいえないのですが
万城目先生が登美彦氏と同じ京都大学卒で、しかも法学部なんていうところにも
なにかコンプレックスとかあったりするんでしょうか


何にせよ京都大学は超一流ですよね



万城目先生は今「プリンセストヨトミ」でものすごい注目を集めてますね、とりあえず私も買ってしまいました。
これから読みます、きっと。



そういえば自分四月に京都に一人旅行いったんですよ。
その話は長いのでしないですけど

京都って町も東京と全然違う雰囲気でこりゃ天狗出るわ、って思いましたよ


おばんどすえ〜

がんばって更新しよう、きっと
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。