草を枕にして寝るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアナ様がみてる

プリンセストヨトミにもびっくりさせられましたが


桜庭一樹の「青年のための読書倶楽部」も楽しませていただきました


赤朽葉もそうでしたがこちらを読んでいても、
つくづく桜庭先生は「100年の孤独」が好きなんだな〜と感じましたよ。



青年が出るのかと思ったら全員少女。
マリア様にみられてる某ライトノベルを彷彿させる設定でしたが、テイストは全然違います


むしろ「青い花」とかが頭をちらつきました



とにかく発想もすてきだし各章の絡み合いも中々で、うまいな〜と思わせてくれる本でした

話のテンポが赤朽葉〜よりも早くノリもイケイケなので若い人向けかも


結構おすすめちゃん。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。