草を枕にして寝るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川内倫子さん




写真家の川内倫子さんの展示会、川内倫子展 照度 あめつち 影を見るえを写真美術館に見に行きました。



個人の写真の展覧会を見るのは初めてだったので(報道のやつならあるのですが。。。)どんなもんかいと思って行きましたが、結構良かったです。
とても雰囲気のある写真を撮る方で、こちらを川内さんの世界にドンドン引き込んでくれて全く飽きませんでした。

照明や写真の順番なども凝っていて、一瞬見ただけだと写真のほうが光っているのかと錯覚しましたよい。

映画の誰も知らない、などに関わっていたとの話ですがなるほどそういう雰囲気の写真を撮る方で、日常の一瞬の風景をドラマチックに切り取る、という印象でした〜
日常の再発見というテーマの作品は数あれど、彼女の写真は特に新鮮な驚きに満ちていて、輪子さんの日常を切り取る静かな目線をひしひしと受けました。


もう終わってしまったかもしれないけれど、写真美術館に久しぶりに行けてよかったびゃ〜


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。